お知らせ

歯根破折(根が割れる)とは?

 

自由ヶ丘DWORKS歯科・矯正歯科の石田充です。

本日のコラムは、歯根破折(根っこが割れる)とどうなるの?ということについてお話いたします。歯茎が腫れた、歯がぐらぐらする、歯ぐきから膿が出る、咬むと痛い等の症状で来院される患者さんの中には、歯根が割れてしまっている場合があります。たいていの場合は失活歯(一度神経を取られている歯)の場合が多く、以前の虫歯が深く健全な歯質が少ないような場合はとくに注意が必要です。まれにですが、生活歯(神経のある歯)が外傷や、過度の咬合力で割れてしまうこともあります。

根っこの割れ方も、割れている程度も様々ですが、残念ながら縦に薪を割ったように割れてしまっている場合は、基本的に歯を残していくことが難しく抜歯せざるを得ないのが現状です。では、保存できなく抜歯になった場合、その後はどのような治療になっていくのでしょうか?

治療の選択肢としては

1.インプラント(人工歯根)

2.ブリッジ

3.入れ歯

4.歯牙移植(ドナーとなる歯が必要)

が考えられます。どの治療法にもメリット、デメリットがありますので、それぞれの治療については後日詳しくご説明いたします。

 

歯根破折をなるべく起こさないためには、

1.定期的な歯科医院での歯の状態チェック(虫歯だけでなく歯牙にヒビなどが入っていないか?、かみ合わせに問題がないか?など)

2.虫歯治療(なるべく神経を残す、虫歯を放置しないなど)

3.過度な咬合力のコントロール(ナイトガードの使用、咬合調整等)

4.予防歯科(定期健診で、虫歯を予防する)

が大切になります。当院では、患者さんの口腔内が快適な状態が長く続くように、スタッフ一同サポートしていきますので、お気軽にご相談ください。