矯正歯科Orthodontics

当院の矯正歯科の特徴について

当院の矯正歯科の特徴について

オーダーメイドの矯正プランを
提案します

歯並びを整える矯正治療にはメリットがたくさん
あります。

矯正治療のメリット

  • 見た目や横顔がきれいになる審美性の改善
  • 虫歯や歯周病のリスクの低下
  • 口臭予防
  • 噛み合わせの改善

ただ、良いことばかりでもなく・・・

矯正治療のデメリット

  • 全顎治療の場合、長期にわたる
  • 費用が高額
  • ワイヤー矯正の場合、痛みや器具の違和感が
    ある
  • 歯を並べるスペースを作るため、抜歯や歯を削るケースもある

患者さんに心から満足して頂ける矯正治療を行うためには、このようなメリット・デメリットも踏まえて、お気持ちに寄り添う矯正プランを提案することが不可欠です。

当院では、カウンセリングにてお悩みやご要望をしっかりとお伺いし、一人ひとりの患者さんの症状と希望に合わせた矯正プランを提案しております。費用や治療期間につきましても、事前に丁寧に説明してまいります。

都内最安クラスのインビザライン矯正

“目立たない矯正”として人気を博しているマウスピース矯正。中でも世界中で絶大な支持を集めているのが「インビザライン」です。マウスピース矯正はアライナー矯正とも呼ばれ、様々なメーカーが安価でマウスピース矯正を提供しています。インビザラインはマウスピース矯正の中で最も実績と信頼性が高く、様々な症例へのアプローチが可能です。そのためマウスピース矯正のメーカーの中では一番高額です。

当院では高額な矯正治療の料金にためらってしまわないよう、都内でも低価格の料金でインビザラインのマウスピース矯正治療を提供いたします。

都内最安クラスのインビザライン矯正

豊富な症例経験を持つ専門の矯正医が在籍

当院には、これまで大人から子どもまで多くの矯正治療を担当してきた専門の矯正医が在籍しています。ワイヤーを用いた一般的な矯正方法から、専門的なマウスピース矯正、部分的な矯正にも対応し、最適な矯正治療プランを提供することができます。
マウスピース矯正では難しいと言われる症例も、ワイヤー矯正を併用することでワイヤー矯正+マウスピース矯正のハイブリッド治療を行なっています。

豊富な症例経験を持つ専門の矯正医が在籍

初診相談・矯正シミュレーションも
無料で対応

初診カウンセリングだけでなく、矯正を開始する前に矯正後の歯並びを画像で確認することができる「矯正シミュレーション」についても、当院では無料で対応しております。
患者さんにご納得いただいてから実際の治療へと進んでまいりますので、歯並びや噛み合わせで少しでも気になることがありましたら、まずはお気軽に当院へお問い合わせください。歯並びや矯正治療に関する不安や疑問を、一緒に解消しましょう。

初診相談・矯正シミュレーションも無料で対応

矯正治療の
シミュレーション動画

矯正治療で必要な3Dデジタルスキャナー「iTero」を揃えインビザラインによる矯正治療の精度を向上させています。

小児矯正

正面
左右比較
咬合面

抜歯症例

正面
左右比較
咬合面

非抜歯症例

正面
左右比較
咬合面

大人の矯正歯科
(成人矯正)について

大人の矯正歯科(成人矯正)について

このようなお悩みはありませんか?

  • 鏡を見ると歯並びが気になる
  • 前歯の傾きや隙間を整えたい
  • 話すときに無意識に口元を隠している
  • 噛み合わせが気になっている
  • 過去に矯正した歯並びが後戻りしている
  • 肩こりや頭痛に悩まされている
  • 「矯正できない」と他院で言われた など

すきっ歯、出っ歯、八重歯(乱杭歯)、受け口、開咬などは「不正咬合」と呼ばれ、そうした歯並びや噛み合わせでお悩みの患者さんは多くいらっしゃいます。
当院では患者さん一人ひとりの気持ちに親身に寄り添い、悩みの解消のために全力でサポートをしています。

歯列矯正に年齢制限はある?

インビザライン

歯並びの矯正治療は、お口の中が健康な状態であれば、お子様からご高齢の方まで基本的に何歳からでも始めることができます。

また、なるべく早い時期に始めたほうが歯列の動きも良く、歯茎の状態も良いのでおすすめです。気になることはお気軽に無料カウンセリングでご相談ください。

大人の矯正装置の種類

大人の矯正装置の種類

マウスピース矯正 インビザライン

透明なマウスピース型矯正装置を付けて歯を動かします。通常のワイヤー矯正のような金属を使用していないため、金属アレルギーの方にも適用可能です。さらに、取り外し可能なため歯のお掃除をしやすく、痛みや違和感も少ないとされています。歯を削ることにより非抜歯治療も可能です。
芸能人の方や接客・サービス業の方にも人気が高く、結婚式や前撮りで矯正装置を目立たせたくない方にもおすすめの治療法です。

マウスピース矯正 インビザライン

※歯茎の状態や骨格の問題によってはマウスピース矯正が適用できないケースもあります。まずはお気軽にカウンセリングにお越しください。

インビザラインとは?

インビザライン

全世界で1000万人以上のユーザー実績をもつマウスピース矯正です。形の異なる複数のマウスピースを交換しながら装着していくことで、歯の移動を行います。

インビザラインの大きな特徴は、目立たず・痛みが少なく・取り外し可能なところです。患者さんの通院回数や負担も軽減することができます。

インビザラインのメリット

  • 透明で目立たない
  • 使い捨てで清潔に保つ事ができる
  • 痛みや違和感が少ない
  • 金属アレルギーの方でも行うことができる
  • 通院回数が少ない など

インビザラインのデメリット

  • 患者さんの協力度が必須(自己管理が必要)
  • アタッチメントという突起を歯につける
  • 動かしにくい症例がある

ワイヤー矯正にするかマウスピース矯正にするか、ワイヤー+マウスピース矯正のハイブリッドで行うかなど、患者さんごとのお口の状態を見極めて診断した上で、一緒にベストな治療法を選択しましょう。

ワイヤー矯正(マルチブラケット)

“歯の矯正”と聞いて多くの方が最初にイメージが浮かぶのが、この矯正装置かと思います。歯の表側や裏側にブラケットと呼ばれる四角い装置をつけ、ワイヤーの調整を行うことで歯を動かしていきます。
一昔前のワイヤー矯正は、銀色の金属を歯に貼り付けるので見た目を嫌がる方も多かったですが、最近は透明なクリアブラケットや白いワイヤーもあるので審美性も向上しました。また、マスクをつけるようになってからはワイヤー矯正を希望する方が増えました。

ワイヤー矯正(マルチブラケット)

ワイヤー矯正のメリット

歯が並ぶスピードと適応症例の広さ

マウスピース矯正の場合は適応外の症例もありますが、基本的にワイヤー矯正はすべての症例に対応可能です。ただし、骨格的な前突や偏位を含む症例については、噛み合わせや治療のゴールによって外科矯正が必要な場合があります。

ワイヤー矯正(マルチブラケット)

ワイヤー矯正のデメリット

見た目と歯のお掃除のしにくさ、痛みやストレス

ワイヤーの弾性力や曲げる力により動くスピードは早いですが、その分マウスピース矯正より痛みを伴います。また、装置が外れてしまったり、口内炎ができやすといったストレスもあります。

最近では、最初の数ヶ月のみワイヤーでスピードアップしマウスピースでは動かすことが難しい歯を移動させ、残りの期間はマウスピースで見た目を気にせず調整していくといった「ワイヤー+マウスピースのハイブリッドタイプ」の治療が人気です。

部分矯正(MTM)

「前歯だけ整えたい」「費用や期間が限られる」「昔していた矯正治療の後戻り」など、部分的に前歯だけを矯正したい場合に行う矯正治療です。奥歯の噛み合わせに問題がなく、前歯に限られた乱れを整える際には部分矯正で治療することができます。マウスピース、ワイヤー矯正ともに部分矯正治療が可能です。

部分矯正(MTM)

部分矯正のメリット

  • 費用が安い
  • 短期間での治療が可能
    (多くの方が半年以内に治療完了します)
部分矯正(MTM)

部分矯正のデメリット

  • 前歯だけを整えるため奥歯の噛み合わせは変化しない

また、もともと奥歯の噛み合わせに問題のない方は部分矯正でも問題ありませんが、奥歯にも歯並びの問題が見られる場合は全体矯正をおすすめします。

子どもの矯正歯科
(小児矯正)について

子どもの矯正歯科(小児矯正)について

骨年齢測定について

子どもの矯正(小児矯正)マウスピース矯正

歯列矯正をするお子様の場合は今後の顎の状態を測定できる、骨年齢測定を併せて行うことをお勧めしています。

子どもの矯正(小児矯正)マウスピース矯正

料金

骨年齢測定 15,000円
骨年齢測定
+矯正の検査
10,000円
(+矯正検査代)

骨年齢測定は通常15,000円ですが、矯正の検査と併せて行う場合は矯正検査代+10,000円で測定可能です。

骨年齢測定についてはこちら

子どもの矯正歯科(小児矯正)の目的

発達段階にある子どものうちから矯正治療を始めることで、骨格的な不正の改善を図ることができます。さらに大人になってからの矯正にかかる治療期間が短くて済むなど、将来的なメリットも多くあります。

小児矯正を行う大きな目的は、お子様の将来を見据えて歯並びや噛み合わせが正しく整う環境をつくってあげることにあります。小児矯正を行うことで、成長して大人になった時の顔立ちもバランスの取れたものになりやすくなるでしょう。
お子様の歯並びや噛み合わせにつきましても、お気軽にご相談ください。

子どもの矯正(小児矯正)の
メリット・効果

子どもの矯正(小児矯正)マウスピース矯正

個人差はありますが、小児矯正を行うことで将来的に以下のようなことが期待できます。

  • 受け口(反対咬合)の回避
  • 八重歯強調の回避
  • 出っ歯の回避
  • 歯の叢生の回避
  • いびきや口呼吸の回避
  • 顎(輪郭)がすっきりする
  • 成人矯正での抜歯の回避
  • 成人矯正での期間や費用の軽減
子どもの矯正(小児矯正)マウスピース矯正

子どもの矯正を始める
タイミングについて

1期治療(幼児、小学生〜)

1期治療(幼児、小学生〜)

子どもの矯正を始めるタイミングは、お子様の年齢や歯の生え変わり等によって個人差があります。

基本的には前歯が生え変わり、6歳臼歯が生えると大まかな歯並びが決まってくるため、この時期のご相談をお勧めしています。もちろん他の時期でも、お子様の成長段階に合わせた治療をご提案していますので、いつでもご相談可能です。

2期治療(中学生、高校生〜)

2期治療(中学生、高校生〜)

2期治療とは、永久歯への生え変わり後の治療のことを指します。1期治療を終えてから経過を観察し、中学生頃のタイミングで2期治療に移行します。

ワイヤーの矯正装置を用いるのが一般的で、永久歯の歯並びや噛み合わせを正しく整えることが主な目的となります。1期治療で早くから問題点を改善しておくことで、2期治療の期間を短縮できたり、簡単にできる場合があります。

小児矯正の装置の種類

小児矯正の装置の種類
  1. ムーシールド(筋機能訓練装置) 受け口(反対咬合)のお子様に使用する、取り外し可能な器具です。透明な大きいマウスピース型で、夜眠るときにつけるだけで受け口の改善が可能です。乳歯列期のお子様や、受け口の早期初期治療に用います。
    また、取り外し可能な装置は、治療のゴールが患者さんの協力度に左右されます。適齢期は4〜6歳の夜間の装着に協力可能な年頃です。成長してから反対咬合を治すのは高額で期間も長くかかってしまい、骨格性の症例は外科手術を視野に入れる場合もあります。小児期に顎の発達を抑制したり促進することで、成長後の顎の状態を整えることもできます。
  2. 拡大装置 歯が生える隙間が足りない場合などに拡大装置を用いて、上顎骨または上下顎の歯列を拡大することで歯の萌出スペースを確保します。取り外し式と固定式があり、お子様のお口の状態に合わせて選択します。
  3. ワイヤー矯正(マルチブラケット) 歯に接着したブラケットという小さな装置をつけ、ワイヤーの弾性を利用して歯並びを整えていきます。見た目が気になるという方には、目立ちにくい白いワイヤーや透明のブラケット、歯の裏側に装置をつけて行う矯正治療(リンガルブラケット)などがあります。
  4. マウスピース矯正 マウスピース矯正 専用のマウスピースを作成し、段階的に取り換えることで矯正治療を行います。装置は透明で目立ちにくく取り外しが可能です。インビザラインファーストという小児用マウスピース矯正は、目立たず痛みも少ないため小学生の女の子を中心に人気です。

反対咬合や口腔悪習癖に小児歯科矯正の【マイオブレース】

マイオブレース

マイオブレースとは、オーストラリアの小児矯正で、3歳から15歳まで使用できます。
寝ている間と日中1時間のみの短時間使用なのでお子様の負担が少ないです。

口腔悪習癖とは

  • 口がポカンとあいている
  • 口呼吸
  • 指しゃぶりや爪、唇を噛む
  • 歯ぎしりをしている
  • いびきをかいている

など、このような習慣が続いてしまうと永久歯の歯並びに影響してしまうことがあります。

マイオブレース治療ステージ

ステージ1 習癖の改善

舌を正位置に置くことや、鼻呼吸することなど、お口を正しい姿勢にします。

ステージ2 歯列の発育

上顎を発達させ、歯列が正常に並ぶようにスペースを作ります。

ステージ3 歯の配列

永久歯の最後の歯が生え始めた頃に、ティーン用のマイオブレースを使い、歯並びを揃えていきます。

ステージ4 保定

最終ステージでは、正しい口腔習癖を確実にすることが目的です。

始めやすい小児矯正マイオブレース

マイオブレース

マイオブレースは、口腔悪習癖を改善することから始まり、自然な発育を促し、綺麗な歯並びを目指すことができます。そして普通の矯正治療よりも費用がかからないことから沢山の方々が始めやすい小児矯正です。

詳しくは、無料相談でぜひ一度当医院にお越しください。

ムーシールド
(筋機能訓練装置)とは

マイオブレース

3歳検診時に受け口(反対咬合)と診断された場合、また6歳臼歯(第一大臼歯)萌出期以降の受け口(反対咬合)に適応可能な装置です。

ムーシールドはお口周りの筋肉を整え、正常な咬合へ誘導します。

3歳から5歳位の乳歯列期における早期初期治療、6歳から11歳位の第一大臼歯萌出期以降における第1期治療として用いられます。

ムーシールドの使い方

  1. ムーシールドは主に夜間、就寝時に使用します。就寝時使用することでお子様への負担が少ないことも特徴です。
  2. 口を開けて寝ていても唾液を嚥下する時は必ず口を閉じます。この時ムーシールドの効果で筋肉が働き、顎を正常な位置に戻そうと訓練されます。
  3. 日中に装置を適切に装着できるのか練習しておくと安心です。
  4. 歯科医師の指示のもと、およそ1年間を目処に使用します。
  • 受け口(反対咬合)は発音がしにくいだけではなく、多くは審美的な問題が挙げられます。
  • また成長期が過ぎ、骨格性反対咬合と診断された場合、外科的な矯正治療が必要となる場合があります。
  • 受け口(反対咬合)は3歳を過ぎた頃から治療を始めることができます。
  • 逆の噛み合わせは上顎の成長を阻害し、下顎の成長を促進すると考えられているため
    早期の治療をお勧めいたします。

プレオルソとは

プレオルソとは

プレオルソは症例に応じて3タイプの装置があります。
特徴として柔らかい素材を使用しているためお子様への負担が少なく、小児(4才〜10才)の骨がまだ軟らかい時期に使うことで、顎の拡大等非常に大きな効果が期待できます。

また本格矯正の前段階として、低価格で矯正治療を始められます。

プレオルソを勧める5つの理由

プレオルソを勧める5つの理由
  1. 固定式の矯正装置は違和感や痛みが強いですが、機能的マウスピース型の矯正装置はほとんどありません。 機能的マウスピース型の矯正装置はほとんどありません
  2. 装着時間は就寝中だけで十分なので、外出先に持って行って無くしてしまう心配がありません。 外出先に持って行って無くしてしまう心配がありません
  3. 治療費は一般的なワイヤー矯正やマウスピース矯正よりも矯正治療を始めやすい価格です。 矯正治療を始めやすい価格です
  4. お口周りの筋肉をトレーニングすることで口呼吸から鼻呼吸へ促します。 お口周りの筋肉をトレーニング
  5. 装置は3タイプあるのでそれぞれのお口に合った装置を選択できます。 装置は3タイプ
 

小児の矯正においては「咬み合わせ」と「歯ならび」を改善すると同時に機能的な「口呼吸から鼻呼吸へ」が 非常に重要と考えています。マウスピースを使うこの治療法は子どもの成長発育にとても大切です。小児矯正治療を行うことで、成人矯正治療の費用や負担を軽減することもできます。

ケースのカラーは青とピンクの2種類

ケースのカラーは青とピンクの2種類

ケースのカラーは青とピンクの2種類です。

好きな色のケースを使って気分を上げて、矯正治療を行なっていきましょう。