Blog

2024.01.26 歯科衛生士コラム

ラバーダム防湿について

こんにちは🌞自由ヶ丘Dworks歯科・矯正歯科です😊🪥 今回はラバーダム防湿についてのお話です。 海外では当たり前に行われているラバーダム防湿ですが、日本では保険診療を中心とする歯医者が多いため、採算が合わないという理由からあまり普及していません。 しかし、精密歯科治療を行う上では重要な前処置がこのラバーダム防湿です。 ラバーダム防湿とは? 開いたお口の上にゴム製の薄いシートを貼り、小さい穴から治療する歯や部位のみを出します。このようにして唾液等から隔離した状態を作ります。 ラバーダム防湿のメリット 1. 細菌の侵入を防ぐ お口の中や、唾液中にはたくさんの細菌が存在しています。術野を隔離することで細菌や水分侵入を防ぐことで、治療の成功率を上げます。 2. 器具の誤飲を防ぐ 万が一器具の落下があっても、シートで覆われているため喉に落ちることはなく、安全です。 3. 軟組織を守る 歯を削る器具や薬液等が軟組織に触れるのを防ぎます。 4. 術野の明視 舌や頬粘膜を排除することで、治療部位が見やすくなります。 5. 治療の効率化 唾液や舌などに邪魔されないことで、作業効率が上がります。また、お水も口の中に溜まらないので、患者さまとしても不可感の軽減につながります。 ラバーダム防湿のデメリット 口が開いたままになる ラテックスアレルギーの方や、口呼吸の方には使用出来ない 以上のデメリットがありますが、それらを除けば患者さまにとってメリットだらけと言えると思います。 開けたままがしんどいという方には、奥歯で噛んでおくことで楽に開いた状態を保てる器具もあり、ラバーダムと一緒に使うことも可能です。 なにか治療について気になることがあればいつでもご相談ください🍀

2024.01.26 歯科衛生士コラム

インビザラインファーストについて

こんにちは😌DWORKS歯科・矯正歯科です🪥 本日はインビザラインファーストについてご紹介いたします✨ インビザラインファーストとはなにか? 歯の生え変わりの時期(混合歯列期) 大体6才〜12才までのお子様のマウスピース矯正です。 通常のインビザライン矯正と同様1週間交換で使用し歯を並べていきます。 メリット 透明で目立たない 痛みが少ない 顎の拡大も同時にできるため永久歯のためのスペースを確保できる 転倒やぶつけるなどの衝撃から歯を守ってくれる役割になる デメリット 年齢などの適応条件がある 装着時間が長い 子供が勝手に外してしまうことがある などがあげられます。 インビザラインファーストは開始できる年齢が限られているので ご興味がある方はお早めにご相談ください✨🦷

2024.01.15 歯科衛生士コラム

ダイレクトボンディングについて

こんにちは🌞 DWORKS歯科・矯正歯科です🪥 本日はダイレクトボンディングについてご説明いたします🦷 ダイレクトボンディングとはなにか? 虫歯などで歯を削る際に、天然の歯を削る量を小さくしレジンというプラスチックの材料を詰めていき、歯の形や色を細かく再現する治療法です。 メリット ①最大のメリットはその審美性と耐久性、歯を削る範囲を最小限で済ませられることです。そして接着性も高いため、ニ次カリエス(過去に一度虫歯になった歯がもう一度虫歯になること)になりにくいのが特徴です。 ②通常の治療のような型取りは必要ないため一度の通院で終了します デメリット ①保険適応外となるため自費診療となり、部位によって値段が異なる場合がある ②虫歯の大きさによって適応できない場合がある ③歯科医師の技術によって仕上がりが異なる など ご質問やご興味がありましたらいつでもお気軽にお問い合わせください😌

2024.01.10

インビザラインのリファイメントについて

こんにちは😌DWORKS歯科・矯正歯科です🪥 本日はインビザラインのリファイメントについてのお話です♪ インビザライン矯正では1回目にお渡しするマウスピースでレベリング(歯の向きや位置、高さなどを揃える工程)を行いある程度の歯列が揃ったところで次にリファイメント(追加アライナー)を行います🦷 リファイメントとは英語で改良・微調整などを意味します✨ 歯の移動には個人差があり、最初の計画通りにいかない場合の誤差を無くし、更にリファイメントを行うことで、患者様からのご要望や、全体の噛み合わせなど細かく精密に歯を動かすことができるので結果をより良くすることができます♪ 回数は個人差がありますが、大体平均2〜3回行います🦷 また追加アライナーを作製する際に、費用がかかる医院もありますが当院では費用は一切かかりませんのでご安心ください😉 インビザラインや矯正のご相談があればいつでもお気軽にお問い合わせください♪

2023.12.20

年末年始の休業日のお知らせ

平素より当院をご利用いただきありがとうございます。 当院冬季休業を下記の通りとさせていただきます。 12/30(土)〜1/5(金) ※電話対応、メールやInstagramでの返信についても同期間休業とさせていただきます。 休業期間中皆様にはご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解いただけますと幸いです。 2024年も当院をどうぞよろしくお願いいたします。 自由が丘DWORKS歯科・矯正歯科

2023.12.07

インビザラインっていいな

コロナも落ち着き普段の生活でマスクを外す機会が多くなった今、綺麗に歯が並んだ素敵な口元になりたい!と思う方は多いのではないでしょうか。私自身、今の歯並びや噛み合わせが気になっています。矯正中でも見た目に違和感が少なく、装置が目立たない方が良いという方にオススメな治療法がインビザライン矯正です。 インビザラインってなに? インビザラインとは、透明なマウスピース型の審美性に優れた、取り外し可能な矯正装置です。専用の機械でスキャンした歯型をもとに一連のマウスピースをつくり、患者さまに順番に使用してもらい歯列を矯正していきます。      当院では、多くの方がインビザラインでの矯正治療を行なっています。治療中の見た目は矯正前とほとんど変わらないのに、歯並びはどんどん綺麗になっていく患者さまをみると、改めてインビザラインの魅力を実感します。 インビザライン矯正のメリット 1. 矯正装置が目立たない 透明なマウスピースなので見た目も美しいです。 2. 取り外しができる マウスピースなので着脱ができます。食事がしやすく、今までと同様に細かく歯のお掃除がしやすいため、虫歯や歯周病になりにくい装置です。 3. 痛みが少ない ワイヤー装置に比べて歯を動かす痛みが少ないと言われています。また、装置が単純なため、口腔内にも傷や口内炎ができにくいです。 4. 最終的な歯並びがイメージしやすい 最終的な歯並びになるまでの歯の動き方を、シュミレーション動画によって見ることができるため、モチベーションの維持にもつながります。 このようにインビザラインは見た目、装着感ともに比較的負担の少ない治療です。しかし、着脱ができる分、十分な効果を得るためには患者さまの協力が必要不可欠です。また歯並びの状態によっても最適な治療法は異なりますので、歯並びについて気になる方はお気軽にご相談ください♪ わたしも12月から矯正を始めるので、途中経過をご報告いたします!

2023.11.30

Family Discount Campaign!

自由が丘DWORKS歯科・矯正治療から少し早めのクリスマスプレゼントキャンペーン! 価格改定に伴い12月23日から値上げを前に 12月23日までに ご家族で矯正治療を始める方 または ご家族がDWORKSで矯正治療中の方 なんと10万円引き! 気になる方は気軽に当院までご連絡下さい♪

2023.11.22

矯正治療価格改定のお知らせ

技工料および材料費の高騰により、2023年12月23日より矯正治療の価格を改定いたします。 矯正治療のスタートをご検討中の方は、お早めにご相談ください。 矯正歯科についてはこちら

2023.11.21 歯科衛生士コラム

医療費控除について

自分や家族の病気・怪我などにより医療費を支払った場合は、確定申告を行うことで一定の金額の所得控除を受けることができます。 これを医療費控除といいます。一年間で支払った医療費の総額が、ご家族で年間合計10万円を超える場合(または確定申告される方の合計所得金額の5%を超える場合)、医療費控除を受けることができます。 ※医療費控除の対象金額は一年間200万円までです。 医療費控除の対象は?控除の対象になるもの 虫歯などの保険診療 インプラント治療 セラミック治療 矯正治療 交通費 控除の対象にならないもの 歯ブラシや歯磨き粉などの物品購入費 自家用車で通院した時のガソリン代や駐車場 医療費控除のポイント 医療費に関する領収書は大切に保管しておきましょう(交通費の記録も忘れず) 家族の中で1番取得金額の多い人が医療費を支払い、医療費控除の申告をするとお得です。 治療は同じ年に家族でかかるのがおすすめです。 確定申告をしていない場合、還付申告をすることで医療費控除は最長5年前までさかのぼって受けることができます。 税額はいくら軽減されるの? 1年間で支払った医療費の総額-保険金等補てんされる金額-10万円または所得金額の合計の5%(どちらか少ない額)=医療費控除額(最高200万円) お支払い方法は現金?クレジット? 現金 メリット:金利(利息)負担なしデメリット:手元資金の減少 クレジットカード メリット:ポイントが貯まる(還元0.5%〜1.0%)デメリット:年利13.0%〜15.0%(リボ払い金利) 医療費控除について気になる方や、ご相談などありましたらお気軽に当院までご連絡ください。

2023.11.09

マウスピース矯正で目立たず矯正治療

マウスピース矯正のメリット 目立たない 取り外し可能 痛みが少ない マウスピース矯正のデメリット 動きが遅い 適応症例が限られる 装着時間を守らないと動かない ワイヤー矯正に比べると、目立たず快適なマウスピース矯正ですが、難症例には従来のワイヤー矯正のほうが適していることがあります。 安易にマウスピース矯正だけに頼ってしまうと、何年経っても動きの悪い歯や仕上がりに悩んで受診する方もいます。 ワイヤー矯正のメリット 動きが早い 幅広い症例に適応 装着の取り外しが不要 ワイヤー矯正のデメリット 装着が目立つ 歯磨きが大変 痛みが強い 難症例の方には、ワイヤー矯正+マウスピース矯正のハイブリッド治療も提案しています。 マウスピース矯正、ワイヤー矯正ともにそれぞれメリットとデメリットがあります。矯正方法の選択は安易に決めずしっかりとメリットデメリットを整理した上で矯正治療をスタートしましょう。 歯並びにお悩みの方は、ぜひ一度無料矯正相談へお越しください。